ワインの飲み方

女性に注がせない!?知っておくと安心なワインを注ぐマナー

家で気楽に飲んでいるときは気にならないけど、ちょっといい店でワインを飲むとき、

自分のマナーが合ってるか不安になることはないですか?

他人にマナーを指摘しづらいのと同じように、正しいマナーについて教えてもらえる機会ってとても少ないんですよね。

この記事では「ワインを注ぐマナー」「注がれるマナー」「ワインと関わりの深いテーブルマナー」など、

「コレさえ押さえておけば安心」という知識を厳選してお伝えします!

あなたがワインを伴った会食の場で安心して、スマートに過ごせるための手助けになれば幸いです。

ワインの注ぎ方

グラスはテーブルに置いて注ぐ

意外と知らない人が多いのですが、ワインを注ぐときにはグラスを持たずテーブルに置いて注ぎます。

日本ではお酒を注ぐときにお猪口やグラスを持ち上げるのが一般的ですが、ワインは逆です。

注いでもらう時も気をつけましょう。

ボトルの持ち方

片手でも両手でもOK

レストランではウェイターやソムリエが片手でボトルを持ってスマートにワインを注いでくれます。

でも、あれは結構むずかしいです。

ワインが入っているボトルは重量もあり、女性だと手がプルプル震えるほどです。

マナー上も両手で持たないといけないということはありません。

大切なのは、こぼさずに注ぐこと。

慣れていない人は安全性重視。両手で持っちゃいましょう!

出典:バリプラ

両手で持つ場合には片手はボトルの首のあたり、片手は底の部分を持つと安定します。

エチケット(ラベル)を上にして持つ

出典:バリプラ

片手持ち、両手持ちに関わらず、グラスにワインを注ぐ際にはエチケット(ラベル)が上を向くようにボトルを持ちます。

これは日本酒やビールを注ぐときも同様です。

理由は二つあります。

  • 相手にワインの銘柄を見せる
  • お酒のしずくがエチケットに垂れないようにする

ボトルとグラスがぶつからないように

ワインのボトルとグラスが「カチン」とぶつからないように注意してください。

グラスが倒れてしまうことにもつながりますし、人の口についたグラスとみんなで飲むボトルが接触しないように注意します。

注ぐ量

まず、基本的な考え方として一杯あたり「ワインは125ml入れる」のが基本です。

フルボトルのワイン750mlから6杯のワインがとれる計算です。

しかしグラスにはいろんな形、大きさのもがあるので、どの高さまで注げば「125ml」になるのかは一目ではわかりません。

そこでグラスに関わらず目安として用いられるのが、

「グラスの一番膨らんでいる部分の少し下まで」という量です。

グラスの形状はいろいろありますが、この量を入れておけば概ねOKです!

出典:サントリーホームページ

ちなみに、自宅で飲むときなども「グラスいっぱいになみなみと注ぐ」のには感心しません。

ワイングラスのふくらみはワインの香りをグラス内部に留めてくれます。

この機能のおかげでワインの香りを一層楽しむことができているのです。

マナーを気にしなくていい場面でも「グラスのふくらみの下」を意識して注ぐのがおすすめです。

おかわりを注ぐタイミング

グラスのワインがどれくらい少なくなったらおかわりを注ぎ足すべきなのか。

「そんなにこだわるとこかなー?」と思われるかもしれません。

でも実はこの「ワインの注ぎ足しのタイミング」、マナーの見地によって非常に意見が分かれる点なんです。

フランス式は「注ぎ足す」

フランスのテーブルマナーでは、「ワインが少なくなったら注ぎ足す」のがフォーマルです。

日本の会食の席の考え方もこれに近く、「相手に催促される前に注ぐ」という考え方に基づきます。

「先回り」することがおもてなし、という意味で納得感があります。

イギリス式は「グラスが空になってから注ぐ」

一方、イギリス式テーブルマナーでは「ワインを飲み切ってから空のグラスに注ぐ」がフォーマルです。

なぜわざわざ空になるのを待つ必要があるのでしょうか。

理由としては

  • 空気に触れて味が変化したワインとボトルのワインを混ぜない
  • 炭酸が抜けたスパークリングワインとボトルのワインを混ぜない
  • 冷やしているワインとグラスの温いワインを混ぜない

という2点があります。

確かにワインをベストコンディションで飲むためにはそこまでしたほうがいいかもしれませんね。

結論「状況に合わせてください」

曖昧な答えで申し訳ないです。

残念ながら全てのシーンで最適な方法はなさそうです。

ワインに興味がない上司と一緒に飲んでいればワインのコンディションを優先する必要性は小さいですし、

1本数万円する長期熟成ワインを飲んでいるのであればワインの味を優先したいところです。

ワインに興味がない上司と高級ワインを飲んでいるときは、空気を読みましょう。

一緒に食事する相手、飲んでいるワインの性質、カジュアルな席かフォーマルな席か。

その時々において良い方法を選んでいってください。

スパークリングワインは「二度に分けて注ぐ」

ワインを注ぐ方法についてお伝えしましたが、スパークリングワインを注ぐ際にはさらに注意点があります。

スパークリングワインには炭酸が含まれており、一気に注ぐと泡が立ってグラスからワインが溢れてしまいます。

これを防ぐために以下の手順でワインを注ぎます。

  1. ゆっくり少量をグラスに注ぐ→泡が立つ
  2. 泡が落ち着くまで待つ
  3. グラスの6分目くらいまで注ぎ足す

補足:スパークリングワインのグラスについて

スパークリングワインを飲むためのグラスは「フルートグラス」といいます。

ふつうのワイングラスより細長い形状が、楽器のフルートに似ていますね。

これはグラスを細くすることで液体が空気に触れる面積を小さくし、炭酸が抜けにくくするためのデザインです。

実際、ふくらみのあるグラスに注ぐとかなり早いスピードで炭酸が抜けてしまいますので、

スパークリングワインを飲むときには絶対「フルートグラス」がおすすめです。

意外と知らない「ワインに関するマナー」

普段日本で生活をしているとあまり聞き慣れない習慣も含まれているので、ぜひマスターしましょう。

ワインを注ぐ順番

日本で「お酒を注ぐ順番」というと、

ビジネスで言えば「上司」「接待を受ける側=お客」、

家庭で言えば「親」「きょうだいの兄、姉」

などが優先されるイメージがあります。

しかしワインのマナーにおいては、とにかく女性を優先です。

女性が複数人いた場合は、「女性の年長者」が優先されます。

その場の女性にワインを注ぎ終えた後、序列に沿って男性にワインを注ぎます。

女性にワインを注がせない

ワインは男性が注ぎます。

欧米では女性にお酌をさせることは品のないこととして捉えられ、周囲の顰蹙(ひんしゅく)の対象になります。

男女混成の食事の場では、男性がワインを注ぎましょう。

乾杯のときにグラスをぶつけない

乾杯では「チリン」とグラスを合わせるイメージがあるかもしれませんが、

ワインのマナーにおいては乾杯の時にグラス同士をぶつけません。

グラスを目線の高さまで持ち上げ、アイコンタクトをして済ませます

これはグラスの破損に配慮しています。

たとえば結婚式や、なにかのお祝いの席などでグラス同士をぶつけて「グラスが割れた」「傷がついた」「ひびが入った」

ということになると、縁起も悪く雰囲気を台無しにしてしまいかねません。

また高品質なグラスほど厚みが薄く、ちょっとした衝撃で割れやすい傾向があります。

こういったことを防ぐため、欧米で構築されたワインのマナーではグラスをぶつけないようにしているのです。

まとめ

ワインの注ぎ方

  • ワインはグラスは置いて注ぐ
  • ボトルを持ち方は片手でも両手でもOK
  • ラベルを上にしてボトルを持つ
  • ボトルとグラスがぶつからないように注ぐ
  • 注ぐ量は「ワイングラスのふくらみの下」まで
  • おかわりを注ぐタイミングは状況に合わせて
  • スパークリングワインは二度に分けて注ぐ

ワインに関するマナー

  • 注ぐ順番は女性優先
  • 女性にワインを注がせない
  • 乾杯の時にグラスをぶつけない

「マナー」と聞くとなんとなく「煩わしい」という印象を持ってしまいがち。

でもその背景にはワインを美味しく飲むため、また食事の場を楽しく、という目的があるんですね。

一度意識してしまえば、すぐに習慣化できることばかりです。

これからのちょっとした食事会の場でぜひ実践してみてください!

これからも素敵なワインライフをお過ごしくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)