その他

750mlのワインボトル1本はグラス何杯分?種類によって適量がある!?

ワインのボトル750mlから、グラスで何杯注げるのか知っていますか?

ただ一口にワインといっても、赤ワインや白ワイン、スパークリングワインやデザートワインなどといったさまざまな種類があり、

それらのワインは、全て同じ杯数で分けていいのでしょうか?

そこで今回は、ボトル1本からグラス何杯注げるかについてを、ワインの種類別に見ていきたいと思います。

ボトル750mlのワインはグラス何杯分?

スパークリングワインよりもスティルワインの方が、一般的に注ぐ杯数は多くなります。

(※「スティルワイン」=発泡していないワインの総称、つまり普通の赤・白・ロゼワインのことを、まとめてこう呼びます。)

以下で見ていきましょう。

赤・白・ロゼワインの場合

赤・白・ロゼワイン、つまりスティルワインの場合は、グラス6〜8杯に分けるのが目安とされています。

容量に換算すると、1杯当たり約90〜125mlです。

1杯当たりの適量はあくまで目安なので、その場のシチュエーションに応じて、柔軟に考えた方がよさそうですね。

一つだけ注意すべきは、甘口のデザートワインだけは別です。

デザートワインは、1杯当たり約45〜60mlです。

なぜデザートワインだけ別かというと、もともとデザートワインは食事を楽しんだ後にデザートと共に楽しむものとされていて、

味に濃厚な甘さがあるものが多く、量が多いと飲み飽きてしまうからです。

そのためデザートワインのボトルの容量は、750mlだと飲み切るのが大変なので、

最近では500mlや375mlなど、量が少ないボトルも多く見られます。

ちなみに、デザートワインについてもっと詳しく知りたい方は、以前の記事を参考にしてみてください。

ワイン特有の苦味が得意でないならデザートワインがピッタリかも!?

スパークリングワインの場合

スパークリングワインの場合は、グラス5〜7杯に分けるのが目安とされています。

容量に換算すると、1杯当たり約100〜140mlです。

なぜスティルワインより1杯の量が多いかというと、

スパークリングワインは、スティルワインより少しアルコール度数が低いので、酔いが回りにくいからです。

ただスパークリングワインは、パーティーや食前酒で飲まれることが多く、その後に別のお酒を飲むケースがほとんどなので、

1杯が少ない量で飲まれることも多くあります。

その辺りはシチュエーションによって、グラスに注ぐ量は柔軟に変えたいですね。

ちなみに、スパークリングワインについてもっと詳しく知りたい方は、以前の記事を参考にしてみてください。

スパークリングワインはなぜシュワシュワする?製造法とおいしく飲むポイント

ワインを注ぐ量には、適量がある

これまで見てきたように、ワインは種類によってグラス1杯の量が少しずつ違いますが、

そもそもグラス1杯の量は、どうやって決まるのでしょうか?

以下で見ていきましょう。

グラス1杯の適量はどうやって割り出された?

この辺りは、はっきりとした理由や根拠はありませんが、

ボトル1本を2人で飲み切るにはちょうどいい量として落ち着いた結果、割り出されたのではないかと思われます。

ワインボトル1本分の750mlは、ワイングラスに入れると6杯分くらい、2人で分ければ3杯くらいで飲み切る計算なので、

ワインを嗜む人にとっては、ちょうどいい量のようです。

その裏付けとして、紀元前375年頃にギリシャ詩人のエウブロスが書き記した戯曲の中に、ワインの適正量?についての記述が残っています。

その記述の中では、ワインを「3杯飲み干したら家に帰ったほうが賢明」とあります。

2人で3杯ずつくらい飲むのがちょうどいい量だったということは、古代ギリシャ時代からも暗黙のルールになっていたのかもしれません。

この辺りから、ワインボトル750mlをグラス6杯で提供するのが適正な量、と見なされるようになったと思われます。

スパークリングワインの適正量についても、アルコール度数などを考慮して自然と割り出された、と言えそうです。

ちなみにワインの適量については、以下の記事で詳しく触れていますので、参考にしてみてください。

ワインボトルのいろいろ容量はメーカー次第!?実は歴史あるルーツとは?

まとめ

今回は、ボトル1本からグラス何杯注げるかについてを、ワインの種類別に見てきました。

スティルワインの場合は、ボトル1本につきグラス6〜8杯、1杯当たり約90〜125mlに分けるのが目安となります。

デザートワインの場合は、1杯当たり約45〜60mlに分けるのが目安となります。

デザートワインは、1本が500mlや375mlなど量が少ないボトルも多く見られるので、それに応じてグラス何杯に分けるかも考えたいですね。

スパークリングワインの場合は、ボトル1本につきグラス5〜7杯、1杯当たり約100〜140mlに分けるのが目安となります。

またワインを注ぐ量には適量があり、それは昔からワインが飲まれる中で、自然と割り出されたようです。

美味しいワインは、ついつい飲み過ぎてしまうこともありますが、それでも適量で楽しく飲んでいきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)